オルタネーター交換

 通勤に乗ってる軽自動車なんですがまたトラブル発生です。仕事帰りはヘッドライトONでの帰宅、自宅の近所まで来た所でヘッドライトが暗くなって、インパネも暗くなった。その内、パッテリーの警告灯が点灯!!「あっ、やばい! オルタネーター逝った~~!」 冷や冷やもんで自宅の駐車場に到着、「ふ~、危なかった」。直ぐにバッテリーを取り外し充電してみると充電電流がガンガン流れる。バッテリーは放電しちゃうと致命的ですから直ぐに充電しないとね。オルタネーターが逝ったみたいなので修理です。

Alt1

写真の中央付近にオルタネーターがありますがプーリー付近が汚いでしょ。やばそうだな~って前々から気にはなってたんですけどね。奥まった所にあるので取り外しにも下に潜らないと外せません。面倒くさいよね~。2本のボルトで固定されてますが下のボルトがどうもカジってる様でかなりキツイ。もう捻切ってやりました。

Alt3

捩じ切ったボルトです。外れないネジはボール盤で穴明けてタップ切り直しました。

Alt4

取り外したオルタネーターです。見ただけでやばそうですよね。

Alt6

後ろからバラしてみました。オルタネーターって交流発電機なんで直流に整流する為のレクチファイヤーと電圧を一定にする為のレギュレーターが付いてます。

Alt5

ブラシを見てみましたけど・・・、減ってはいますけど、どうなんだろう?? パーツリストを見るとブラシは安いですがレギュレーターもレクチファイヤーも1万円オーバーです。ここで決断、車にはリビルト品が多数出回っているのでそれにしようと思いました。ネット見ると1万円位が相場の様です。  でも今すぐ直したいですよね。

Alt7

いつもの解体屋さんに行ってみました。リビルト品は取り寄せになるとのことです。「リビルト品の中古」ならあります、4万キロ超で廃車にした車から取り外したとの事です。リビルト品って1年の保障付きなんですよね。迷ってると「1ヶ月保障付けますよ」との事でしたので購入決定。でもプーリーを見て下さい。違いますよね。左が中古購入品です。リブベルトタイプになってます。Vベルトはスリップするトラブルが多発したのでその対策品が出てるんですよ。リコールしてほしかったな~。右のプーリーを見て下さい。錆びてますがこれもスリップ経験があったんですよ、実は。プーリー焼けちゃうと交換しないとまたスリップしますよ、って言われてたんですけどそのまま使ってました。今回もこのプーリー使いましょう。プーリー外すのもちょい大変なんですけど、何とか交換。

あとは車に取り付けてエンジンかけてみました。

Alt8

不調の時はヘッドライトを付けると12Vくらいまで下がるので充電してないんだなってわかりましたが、交換後はヘッドライト点灯時も14Vをキープしてます。どうやらこれで大丈夫そうです。しばらく電圧計付けたままで様子みましょう。

メバル釣り

 前日ネットを見てみると朝まで風が吹いてる予報でしたので遅く出るべか、と思って飲み過ぎました。予想通りに寝坊したんですけど予報に反して既に風は吹いてない。急いで準備して出発。出船は8時でした(汗)。

ポイント目指してトロトロと15ノット。やっと到着、反応探してウロウロ。全く反応がな~~い。ありゃりゃりゃ、どうするべ。反応ないけどサビキ降ろしてみるとクンクンとアタリ。反応ないのになぁ??? まぁ、たまにある事ですけどね。でもやはり2投目、3投目が続かない。遅く出てきたあべま氏が「アザラシが居るよ」との事でメバルが隠れて出てこれないのか?って事にしてこのポイントは諦めて大きく場所移動です。

次のポイントには反応ありました。でもすっかり時間も過ぎてるので食いが悪い。ポツリポツりと食って来る程度。しかもほとんど形が小さいし潮もほとんど流れてない。凪はいいんだけどな~。

後半、白陽さんがお声かけてくれました。監視されてる中、ポツポツと釣れましたけど続かないですね。全く食わなくなりまして沖あがりです。

110129s

青バケツにはアイナメです。37cmってとこでしょうか。サビキに食って来ましたよ。ハリス2号だったので何とか引っこ抜けました。

インフルエンザ

昨日の朝起きてから風邪ひいたなぁ、なんて思いながらも仕事に行きましたがどんどん酷くなっていき早退しようかとも思ったんですけどなんとか定時までがんばりました。夜に熱を測ってみると38.9℃も出てる。でも食欲はあったので熱々の鍋焼きうどんを食べましたけど今朝になっても熱が下がらず近所の病院に行ってみました。問診に症状を書き込み、熱と血圧を測って待合室で待ってると直ぐに呼ばれてCTスキャンの装置がある部屋へ。「えっ、CT撮るの?」と思ってたら違いました。隔離されただけでした。

先生がやってきてインフルエンザの検査をされました。長い麺棒を両方の鼻の穴に突っ込まれて痛いのなんのって辛かった。しばらくまって検査結果がでました。

Aaa2

A型の陽性です。Cにも線が出てますがCはコントロールで検査がちゃんと行われたかどうかです。先生に薬の選択を聞かれました。インフルエンザの薬と言えばタミフル、リレンザですけどタミフルに関しては副作用が報道されてましたよね。最近、新しい薬が出たそうでそれにしました。

Aaa1

イナビルって薬です。吸引する薬でちょっと苦いです。

他にも薬をもらって帰宅。薬飲むと眠くなります。寝てばっかり。先生には水分をとるように言われたのでスポーツドリンクをグビグビ飲んでまた寝ての繰り返し。

明日も仕事休みましょう。

初釣り

1月8日(土)

 今年の初釣りは遠藤名人を乗せて出航です。前日の夕方までの予報では何とか出れそうでしたけど前夜10時に予報が悪い方に変わってしまいました。ありゃりゃ、どうしよう。取りあえず港に向かって車を走らせました。途中、仙台新港の煙突の煙を見てみると真っ直ぐ上に出ているじゃないですか。これは行けそうだな、ってな思いで港に到着。港での風もたいして吹いてない。予報は悪いけど名人と相談してダメ元で出てみました。沖に行くほど風が強くなっていきます。近場のポイントには反応ありません。どうしよう。ちょい沖のポイントまで出てみました。北西の風がやや強く吹いてるのはいいんですけどこの程度の風でも波がゴダゴダ。船がグラングラン揺れてます。ここ連日の北西風でウネリなんか全く無いと思ってたので訳わからない。

名人に竿を出させて、私は船頭に徹します。魚探にはイワシの反応が凄く出てます。この反応はイワシなのかな?なんて思っていると名人の第1投、入れ即でアタリます。メバルが3匹とイワシが1つ付いて来ました。名人に確認してみるとマイワシだそうです。2投目はメバルが2つ。その後が続かずでした。

風が更に強まってきました。遠くに見える仙台新港の煙は真上なんですけど石巻の製紙工場の煙は真横なんですよ。う~~ん、不思議な海象だなぁ。

最後は近場でワームで大物狙いましたがダメでした。

名人、お疲れさんでした。

遠藤名人のブログに写真がありますのでそちらもご覧ください。

納竿

12月30日

 ここ最近の強風続きで年内の釣行は諦めてたんですけど天気図を見てみたら行けそうかなと思いまして床に就きました。朝起きたら昨日の強風もだいぶ落ちてる。よし、行ってみましょう!

狙う魚は迷わず「ナメタ」。毎年この時期に狙うんですけど釣れないんですよね~。餌はアオイソメ300円分です。餌取りが多かったら持ちませんけいつもの癖で(汗)。

今までにナメタを釣ったポイントを回ってみますけど釣れるのはネウっ子(アイナメの子供)ばかり。風の心配は無さそうなのでちょっと沖に行ってみますと遊魚船がそこそこ出ていました。

風は北西ですが潮は南からトロトロ流れてる感じ。メバルの反応があったので浮気してサビキを落としてみるとクンクンクンってアタリますが形は小さい。即、ナメタ狙いに戻りす。

101230_01

竿はそのまま3.5mのメバル竿+電動リール。仕掛けは手作りの2本針、錘もそのまま70号です(汗)。ナメタは下手に小突くよりは置き竿がいいですからね。でも釣れません。釣れてくるのはマガレイやネウっ子。

ジーっと我慢の釣りですね。待った甲斐がありました。

101230_02

ジャ~~~ン!! タモ入れにドキドキしましたけど何とかゲット出来ました。38cmでした。もう1枚と思ってまた粘りましたけどダメですね。最後にフグが釣れました。来年は「福」が来ますように。

101230_03_3 

風が北西~東~南東に変わってきました。今年最後の納竿です。ナメタ釣れて良かった~~。

ドライブシャフトブーツ、ショック交換 作業完了!

 ドラシャブーツ交換の続きです。先日は右側の交換しましたが今度は左側です。右側はすんなりシャフトを抜く事が出来ましたけど左側はどうも抜けません。車体をリフトアップ出来れば何とか抜けたかもしれませんがそんな設備はある訳ありません。色々と頑張ってみましたけどダメでした。

Sft2_2

あららら、インナーブーツから取れてしまいました。グリースがドロドロと地面に落ちるし、どうしましょう?抜けない物は仕方ないです。この状態で作業続行です(爆)。

Sft2_1

ブーツを交換すればいい訳ですからね。バンドツールが不要なバンドですから何とかなるかなと。ブーツ交換は前回の記事と同じですので省略しますね。

Sft2_3

ブーツは何とか取り付けられました。バンドを取り付けようとしたら「キツイ」。緩めるのにこの部分を1~2mm程度削りましてこれを3回くらい削って丁度いい締め具合になりました。

ブーツ交換が終わったらショックとサスを組んだストラットを取り付け、ブレーキ取り付けてフロントは作業完了。

ショックアブソーバーの交換 リア編

Sft2_4

リアのショック交換は簡単です。サスとショックは別々に付いてますので。ショックの上と下のボルトを外せばOK。上側のボルトは車内から外します。

Sft2_5

外したショックアブソーバー。ゴミですね。廃棄する場合は穴を開けてガスを抜いてから廃棄しないといけないみたいです。これはガスが抜けてますけど一応穴を開けます。

作業完了。

取り付けたショックはガスが抜けた中古のショックでしたので4段調整の一番硬い「4」にして試運転。あ~、乗り心地が全然違います。今までのショックはかなり抜けてたんだなぁ、ってのがわかりますね。シッカリした「足」になりました。ただ一番硬い調整にして丁度良い感じだからな~。これも先が長くないんだろう~な~。

ショックアブソーバーの交換

 イプサムのショックアブソーバーがオイル漏れの為に交換です。以前にY!で入手したおいた中古です。しかし、中古は良くない。ショックは消耗品ですから新品に交換するべきです。後悔しましたぁ。

Sck1

これが入手した中古のフロント2本です。サスはローダウンするそうでダウン量は不明とのこと、なのでサスは純正を使おうと思います。

Sck3

スプリングコンプレッサーを取り付けてバネを縮めていきます。この作業、非常に怖いですよね。この工具を自作しようかとも思いましたが止めましたよ、死にたくないですから。バネが縮んだらトップのナットを外すとスプリングが取り外せます。

Sck2

こっちはリアのショックです。錆びが出てたので部分的に錆止め塗りました。ショックを手でギューっと押し縮めてから手を離すと普通は内部のガス圧でゆっくり戻るんですけどこれは戻りませんでした、4本ともです。封入しているガスが抜けてます。出品者の説明では「抜けはありません。」ですよ。返品してやろうかとも思ったんですけどね。4段階に減衰の度合いを変えられるのと、オイルも抜けて寿命が来てる物に比べればましかなと。

ドライブシャフトブーツ交換

冬タイヤに交換する季節がやってきましたね。イプサムのタイヤ交換をしようと思ったのですがどうせなら以前にY!で入手したショックアブソーバーを取り付け様と思い作業開始しました。序でに懸案だったドライブシャフトブーツを交換しましょうかね。

Bts01_2

ドラシャのロックナットの取り外し。回り止めと長いパイプが必要です。

Bts02

タイロッドエンドの取り外しにはタイロッドエンドプーラーがあると簡単に外せます。

Bts03

ブレーキキャリバーを外し、ローターを外し、ここまでバラしたらシャフトを引き抜けます。

Bts04

取り外したドライブシャフト(右側)。

Bts05

以前から確認してましたがグリースが漏れてます。

Bts06

ヒビも入っていつ破れてもおかしくない状態でした。

Bts08

インナー側から分解していきます。グリースが白っぽいな。どんなグリースが入っていたのかわかりませんけど水が入ったのかなぁ??

Bts09

古いグリースを拭き取りトリポートジョイントを外す前に合いマーク付けました。

等速ジョイントを考案した人って凄いな~~。

Bts10

アウター側のグリースは黒っぽい。ブーツが完全に割れてしまうと砂や埃が入ってしまうので徹底的に洗浄しなといけないと思いますが今回は拭き取る程度でも大丈夫でしょう。

Bts07

新品のブーツを買いにトヨタのバーツセンターへ。右側と左側を購入。片側8400円(税別)×2でした。高いな~。インナー側はまだ使えそうでしたのでアウター側だけとも思ったのですがアウター側は分割タイプしかないとの事でした。まぁ、インナーとアウターは同時交換が基本でしょうから仕方ないか。

Bts11

付属のグリースを全部使いきりました。

Bts12

ブーツバンドですがこれは優れものと思いました。ブーツバンドツールが必要かなと思ってたのですがこれば必要なしです。はじめどうやって締めるんだろ?って悩みましたが色々とやってみると理解できました。

Bts13

最後にバンドのカシメはハンマーで叩いて完成!!

アルミホイール塗装

今年の夏は暑かった。9月の彼岸くらいまで連日の猛暑。その後は急に涼しくなりました。山の道路も冬季封鎖になったり、紅葉ももう終わりでしょうか?ボチボチ冬支度しないといけませんね。車の冬タイヤの準備をしましょう。以前にヤフオクでホイールを買って使ってましたがかなり汚く腐食も出ています。ホイールを塗装してみましょう。

Hl3

錆びが浮き出てかなり目立ってきています。

Hl1

裏側はこんな状態。錆びと汚れで真っ黒。ホイール専用のクリーナーが色々と売られています。パープルマジックってのが強力みたいなので買って使ってみましたけどここまで酷い状態だと全く効果なしでした。補足しておきますけどイプサムのホイールでパープルマジックを使ってみたらかなりキレイになりましたよ、念のため。

Hl2

電動工具とエアツールを駆使して汚れを削り取りました。4本あるので面倒くさいですね。裏側は手を抜いちゃいました。この後にサンドペーパーで足付け。その後に脱脂します。アセトンで脱脂しました。

Hl4

マスキングしていよいよ塗装に入ります。塗装ってここまでの作業が大変ですね。あとはスプレー吹いて乾かすだけですからね。先ず塗るのはプラサフ。その後に色塗装して最後にクリアー塗装して完成予定です。

アジが釣れた

11月6日(土)  6:00~13:00

 最近は釣りに出てたんですけどアップする気にもならない程の貧果でした。先々週にはそんな惨めな私にあべま氏がメジマグロ1本をお裾分けしてくれまして何とか飢えを凌いでおりました。やっぱりマグロは旨かった。大トロは最高でした~。あべま氏、Thanks!

Tuna1_2 Tuna2_2

さて、本日、凪良さそうなので出てみました。大漁には程遠い釣果でしたけど・・・。

魚探には反応が出るんですがイワシっぽい反応です。サビキを降ろしてみるとグングングングンとアタリが出ましたが巻き上げ途中でバレちゃいました。2投目は暫く待ってからのアタリ。アジだろうと思ってタモ網準備してて正解でした。尺アジが釣れました。反応はバリバリあるんですけど食い渋いです。イワシも釣れて来ます。メバルも釣れて来ました。当たってもバレてしまうのがアジですね、良形はバレ易い。

某遊魚船が直ぐ近くまで寄ってきました。お客さんと会話出来るくらいに寄って来たんですよ。お客さんに「釣れだすか?」って聞かれたんで「アジ釣れだ!」って返事しておきました(^^)。

101106_1

20cm弱のアジを生かしておいて、一発大物狙ってみました。

101106_2

孫針打ってましたがダメでした。ヒラメじゃない感じ、ソイかな???

後はじーっと待ってましたがアタリなし。アオイソメも少し買って行ったので使ってみましたがネウっ子、木っ端ガレイとキープサイズが釣れません。諦めてあがりました。

101106_3

尺アジ2、小アジ2、大メバル2、小メバル1。最近釣れなかったのでこれだけあればおかずには十分です。

«ハゼ釣りOFF